知財を事業に役立てるために

今、知財を事業に役立てることが強く求められています。
企業の事業活動においては、開発計画の立案から市場化までの間で、多くの知財活動が行われています。
弊所では、強い権利の取得をサポートすることはもちろん、研究開発段階から事業実施までの『川上から川下まで』、各段階に応じた適切なサポートをご提供します。

知財を事業に役立てるために

発明は、完成した順に権利化するだけでは知財の戦略的活用は実現できません。
商品に企画段階からの開発・生産戦略があるように、特許についても、企画段階から開発・生産戦略があるべきです。当所では、知財の発掘・研究開発の方向性決定の段階から関わり、権利化後も事業に役立つような知財を創出できるよう、様々なご提案を行っています。

知財を企業の競争資源とするために

知財活動をよりスムーズに、スピーディに展開してゆくためには、企業の知財活動と特許事務所の活動との役割分担を明確にして、それぞれの強みを生かすことが不可欠です。
弊所は知財の専門家集団として、企業の一部門となって、知財の戦略的な活用をご提案しています。