外国出願

外国部は、日本のお客様が外国で出願される内外業務、及び外国のお客様が日本で出願される外内業務に関するサービスをご提供します。当所では、出願前に各国の実務に基づく明細書を作成することで権利化までの期間を短縮と費用の削減を図り、また、登録後に強い権利として行使できるよう、出願国に合わせた明細書をご提案します。

サービス内容

外国特許出願及び外国実用新案登録出願

外国出願は、日本出願(または外国出願)の出願日より1年以内であれば優先権を主張することができます。また、出願ルートもPCT出願、パリルート出願等ができます。
外国部では、お客様からご相談いただいた案件について、費用及び権利化までの期間を鑑みまして出願ルートをご提案させていただきます。
また、日本出願(または外国出願)後に追加発明がなされたかを確認した後、出願国に合わせた明細書を作成します。

外国意匠出願

意匠出願は国により制度(複合意匠制度、部分意匠制度、関連意匠制度、秘密意匠制度等)が異なります。また、図面についても認められる図面の書き方が異なります。
外国部では、お客様からご相談いただいた案件について、出願をご希望される国の実務に合わせて利用する出願制度をご提案させていただくと共に、出願国の実務に合った図面を作成します。

拒絶理由への応答

特許出願及び意匠出願の審査において拒絶理由が通知されることがあります。当所では、専門の技術者が拒絶理由内容を検討し、お客様が権利行使する際に使える強い権利を確保するためにどのように応答して拒絶理由を克服するかをアドバイスさせていただきます。

年金納付手続き

特許出願では、国によって出願中でも出願維持年金の納付が必要な国があります。また、登録後に特許権を維持するために、多くの国において年金の納付が求められます。野納付の期限国によって異なるため、納付期限の管理は非常に重要です。
当所では、適切なタイミングで納付期限をお知らせし、お客様の期限管理の負担を軽減します。

翻訳サービス

当所では、実務経験豊富な英文翻訳者及び中国語翻訳者を擁しています。和文明細書を作成した技術者と翻訳者とでコミュニケーションをとりながら発明内容を理解した上で翻訳作業を進めます。また、翻訳が終わったものを更に別の翻訳者がチェックをするダブルチェック体制をとっておりますので、高品質な翻訳サービスの提供が可能です。

外内業務(日本国出願)

外国のお客様が日本で出願をご希望される場合、日本国の実務をご説明した上で、権利化までの期間の短縮と費用の削減を考慮した出願戦略をご提案すると共に、日本国の法律にあわせた出願書類を作成して手続きを行います。