意匠権の活用方法

1.特許性が低い技術であっても、「形あるもの」は意匠権で保護できます

特許取得をあきらめた製品であっても、「デザイン」として権利化できることもあります。 また、特許権を取得した技術について、さらに製品のデザインについて意匠権を取得することで、一つの製品を多面的に保護することができます

デザインと技術の関係

2.意匠権は、特許より早く、長く、権利を取得できます

発明を保護する特許と異なり、意匠は物品の「外観」によって判断されるため、意匠は特許よりも登録されやすく、早期に権利化される傾向にあります。
また、意匠権は登録日から20年と長いため、特許権が切れた後も長く権利期間を確保できます。

3.意匠権を取得すると、模倣品対策として効果的です

製品のデザインは物品の「見た目」であるため模倣されやすく、日本で販売後すぐに海外で模倣品が出回り、日本に輸入されるという事態も起こり得ます。
意匠権として登録されていない自社製品が模倣品被害にあった場合、不正競争防止法などで対抗する手段はありますが、被害にあった製品にもある程度の認知度が求められます。
一方、意匠権を取得していれば、製造・販売の差し止め、税関での差止など、模倣品の拡散をブロックする強力な武器となります。