鑑定の種類と活用方法

鑑定の種類 鑑定の内容 使う場面
属否鑑定 自社製品や事業が他社の権利侵害である(他社特許の「技術的範囲」に属するか否か)可能性の高低を鑑定します。 自社製品・事業が他社特許を侵害しているかどうかが不明(微妙)なとき。
権利範囲の解釈しだいで権利侵害か否かの判断が分かれるような場合に使います。
有効性鑑定 自社特許が有効である(=無効審判等により無効と判断されない)可能性の高低を鑑定します。 他社に対し権利行使する前提として、他社からの反撃(自社特許に対する無効審判の請求等)に負けないようにする場面で使います。
無効鑑定 他社特許が無効である(=無効審判により無効と判断され、権利が消滅する)可能性の高低を鑑定します。 他社から権利侵害の警告を受けたなど、権利行使を受けそうな場面において、他社の権利行使対策を行なう場面で使います。
その他 先使用権の有無の鑑定:
自社が「先使用権」を有する可能性の高低を鑑定します。
他社特許侵害の可能性が高い場面であっても、自社事業については従来行なっていた部分に関しては正当な権利として実施できることを明確にしたい場面で使います。