知財トラブル対応

当所では、お客様が知的財産を創造し、これを実際に事業に活用するため、知的財産に関するトータルサポートを行っていることを特色としています。特に、係争業務に関しては、他の特許事務所にはない豊富な実績を国内外で積み重ねています。 
係争部では、当所の強みである係争業務を担当する部署として、係争に直接関連する業務のほか、お客様の事業活動をサポートするための様々な業務を行っています。

サービス内容

鑑定

鑑定とは、知的財産の専門家である弁理士による、「権利侵害の有無」や「自社特許の権利の有効性」「他社特許の権利の無効可能性」を評価するものです。

当所では、他社がお客様の知的財産権を侵害していないかを判断するための鑑定業務を多数取り扱っています。

また、鑑定は、お客様が他社から警告を受けた場合に適切な対応をとるためにも必要となります。そして、精度の高い鑑定のためには、技術に対する理解に加え、裁判官の視点を考慮することが欠かせません。

当所では、専門の弁護士・弁理士及び特許技術者が互いに協力することで、より精度の高い鑑定業務をお客様に提供しております。
当所がご提供する鑑定の種類につきましては、こちらをご覧ください

交渉(警告書または回答書の送付)

 「係争」というと、訴訟などの法的措置を想像しがちですが、実際の事例では、訴訟などの法的措置に至るまでの交渉が極めて重要です。交渉をどのように行うかにより、その後の手続での有利不利が大きく変化してしまうこともあり得ます。逆に、交渉をうまく行うことで、法的措置まで至らずに問題を解決できる事例も多数存在します。
 当所では、交渉段階からお客様の係争案件をサポートさせていただくことで、いくつもの案件をお客様にとって有利に解決してきた実績があります。

法的措置(訴訟・調停・仲裁・水際措置)

 交渉による解決が見られない場合は、法的措置による解決を目指すことになります。法的措置による解決には、訴訟のような強力な手段から、調停・仲裁といった交渉の延長に近いソフトなものまで、多様な方法があります。当所では、各種の法的措置のお客様のビジネスへの負担に配慮し、最良の解決策をお客様に提案いたします。

契約

 契約は、お客様のビジネスが国内外に展開するための基礎となるものです。
 あらゆるトラブルに万全に備えた契約書がなければ、お客様の知的財産の価値を十分にビジネスに反映することができなくなります。そして、そうした契約書を作成するためには、あらゆるトラブルに対応した経験、つまり係争業務の経験が欠かせません。
 当所では、豊富な実績に基づき、英文での契約書の作成も含め、市販の契約書の雛形では対応できない、質の高い契約書の作成業務をお客様に提供いたします。

著作権

 当所では、著作権に関する案件を多数取り扱っていることを特徴としています。
 著作権は、お客様のビジネスのあらゆる側面に関わるといっても過言ではありません。その範囲は、映像やデザインなど、著作権が関わることがイメージしやすいものから、図面やソフトウェアなど、一見すると著作権とは無関係であるようなものまで、広く及びます。