ブランディングにおける商標の役割

1.ブランディング(ブランド戦略)が必要な理由

製品が完成しても、それだけでは製品は売れません。製品が売れるためには、その製品の良さを効果的にPRする必要があります。その際に注目されるのが、ブランディング(ブランド戦略)です。
ブランディングによって、製品やサービスのブランド化が図られていきますが、それは、製品やサービスのブランドに以下の効果があるためです。
 ①ブランドは、他社製品と自社製品とを区別する目印になる。
 ②ブランドは、品質を保証する。
 ③ブランドは、自ら宣伝広告し、顧客を集める。
 ④ブランドが、商品・サービスのイメージを作る。

ブランド??

それでは、『ブランド』とは一体何でしょうか?
その答えは、今日においては、“顧客吸引力”ということができると思います。
例えば、ペットボトル入りのお茶を買いにコンビニエンスストアに行ったとき、数ある種類のお茶の中からいつも迷わず特定のお茶を買ってしまうとか、いつも同じメーカーの洋服を着るとか、消費者が他の製品と比較するまでもなく、その会社の製品を選択するということがあると思います。このような顧客吸引力がブランドと言えます。

ブランド化の流れと商標の関係

ブランド化の流れと商標の関係

ある製品やサービスのブランド化すなわち顧客吸引力の獲得は、上図のように、企業が、まず、自社の製品・サービスを他社とは異なるネーミング、デザイン、宣伝広告などで顧客に認知させることから始まります。次に、優れた品質やサービスを絶えず提供することによって、それに対して顧客がその製品・サービスに対する信頼感を持ちます。最後に、他社製品と差別化して継続して製品を購入してもらうことでブランド化が推進されます。
そして、商標(商品やサービスに付された商品名やサービス名、ロゴ等)は、ブランド化の各段階において、顧客のブランド認識の手段(目印)として、機能します。
このように、製品やサービスのブランド(=顧客吸引力)を確立する上で、商標は、とても重要な役割を担うのです。
そして、商標権は、商標の使用を独占し、他社による使用を排除できる権利として、模倣品の出現を防止し、安心して購入できる製品・サービスであることを顧客に保証するのです。