2013年12月1日

「知財を生かすビジネス者フォーラム2013」(フジサンケイ ビジネスアイ 主催)が開催されました。

 今こそ、革新的な事業、製品を日本から生み出せ!!
 —未来を見通す情報活用技術と新たなる企業経営の視点—

  2013年12月5日にフジサンケイ ビジネスアイ主催の「知財を生かすビジネス者フォーラム2013」が開催されました。
「今こそ、革新的な事業、製品を日本から生み出せ!!-未来を見通す情報活用技術と新たなる企業経営の視点-」を本年のテーマとして講演、パネルディスカッションが行われ、当所所長 佐藤辰彦が、パネルディスカッションのモデレータを務めました。
 
【パネラー】
 ◆渡部 俊也氏 東京大学政策ビジョン研究センター 教授 
 ◆加藤 幹之氏 インテレクチュアル・ベンチャーズLLC.  日本代表
 ◆守屋 文彦氏 ソニー株式会社 VP 知的財産センター センター長
 ◆中村 達生氏 株式会社創知 代表取締役社長
 
【テーマ】
 フロンティア(時代を席巻するような新事業・新製品)を“可値化”し、競争力を奪取せよ!!
 世界同時競争時代の意思決定手法とこれからのイノベーションを考える
 
【デスカッション内容】
 ・ 知財を生かし「フロンティア」を実現させる態勢(エコシステム)は、なにか!
 ・「フロンティア」への挑戦に向けた意思決定にデータ解析はどこまで使えるか?