2014年6月1日

当所所長の佐藤が2014年日中韓知財交流学会に参加しました

日本知財学会、韓国産業財産権法学会及び中国知識産権研究会が相互に交流協定を締結し、各学会が主宰して持ち回りで交流の学会を開催しています。
この交流学会には各国から行政・学会・実務家が参加しシンポジュウムを行います。

2012年東京、2013年北京、今年2014年は4月15日16日にソウルで開催されました。

この3学会の交流協定の締結をお手伝いしてきた当所所長佐藤が今回のソウル大会に参加しました。
東アジアの経済圏がますます一体化する中で、日中韓の知財の研究者や実務家が交流することは東アジアの知財制度を発展させるために大変有意義であると感じました。