2007年6月1日

創成国際特許事務所主催
福島セミナー開催

講演する佐藤所長
(福島県出身)
講演する鷺副所
(福島県出身)
司会を務めた酒井弁理士
(福島県出身)
会場の様子
パネリストの各先生
(左から 福島高専渡部順一教授、福島大学丹治惣兵衛教授、技術士小松道男先生)
講演会終了後の懇親会

 6月1日(金)JR福島駅前 コラッセ福島において創成国際特許事務所主催『福島の皆様のための知的財産に関するセミナー』が開催され、福島のみならず、山形県・宮城県からも多数の皆様のご参加を頂きました。
 セミナーに先立ち行われました「無料個別相談会」においては、個人の発明家に関する案件から企業および大学における知財の有効活用についての案件まで様々なご相談を頂き、専門の弁理士が対応させて頂きました。
 セミナー前半では、当所所長 弁理士 佐藤辰彦による講演「中小企業における知財戦略」及び副所長 弁理士 鷺 健志による講演「知的財産権の活用が中小企業を救う」が行われました。
 多くの皆様より「具体的な成功例をあげて頂きとても分かりやすかった」とのご好評を頂きました。
 講演会後半では、前半の講演に基づいたパネルディスカッションが行われ、地元福島の中小企業がどう知財を活かせば成功するのか?実例を交えながら議論が交わされました。

 今後も創成国際特許事務所は地域発展のために、知財の面から地元企業等の活動を支援申し上げたいと思っております。
 一層のご厚誼を賜りますようよろしくお願い申し上げます。