2013年3月1日

「地域ブランドシンポジウムin福島」が開催されました。(日本弁理士会主催)

 平成25年3月22日にホテル福島グリーンパレスにおいて、日本弁理士会主催の「地域ブランドシンポジウム in 福島」が開催されました。

 東日本大震災と原発問題で町民が全国に避難している福島県波江町の方々が、その困難な中、震災前から長年にわたり育ててきた「なみえ焼そば」が町民の心の絆となるように、そのブランド化を目指しています。
 これを日本弁理士会が支援しています。

 当日、富士宮やきそば学会の渡邉英彦会長による、地域ブランドとして有名な「富士宮やきそば」の成功事例の紹介のほか、「なみえ焼そば」のブランド化をテーマとしたパネルディスカッションが行われ、弊所 佐藤辰彦所長が福島県出身でもあり、モデレータを務めさせていただきました。