2011年10月1日

顧問 小松 道男 氏が、フランス共和国ローヌ・アルプ州クラスター親善大使に正式に就任することになりました。

 小松氏は〔社〕日本合成樹脂技術協会理事・特別会員として親善大使の招聘を州政府より受け、11月下旬にリヨンを訪問し、プラスチック産業クラスター等と意見交換を行います。

 ローヌ・アルプ州は、フランス共和国第2位の工業生産規模を誇り人口600万人、オランダとほぼ同じ面積を有し、州都はリヨン。同州では自動車産業、プラスチック産業、医薬品産業、工作機械産業や食品産業がさかん。ボジョレ・ヌーボー、エビアンの産地としても世界的に著名。