2009年8月1日

創成国際特許事務所 主催
教職員向け 知財アカデミーコース を開催

 知的財産立国 日本 の実現に向け、知的財産推進計画2009年の施策、「 知的財産を教える教育者を育成する 」 が内閣より表明され、教員を対象とする知財研修を充実させる動きがある中、

 福島県出身の弁理士が4名所属する当事務所の所以、2009年7月31日(金)、福島市の コラッセふくしま にて、福島県では初めての「 教職員向け 知財アカデミーコース 」を開催いたしました。

講義の内容は
 ・教育現場における知的財産教育の必要性
 ・知的財産権制度の全体像と教育における特殊性
 ・現場における知的財産権問題の対処法について

 受講者は県北地方の小学校教職員12名で、文部科学省の新学習指導要領において「 中学校・高等学校の必修教科内で  学生に知財の学習をさせる。 」 が明記されたこともあり、指導者である受講者の皆様には知財を理解し、学んでいただくよい機会になったようで、熱心に受講していただけました。


 福島民報新聞(8月2日発行)にも掲載されました。