2004年11月1日

創成国際特許事務所 所長 佐藤 辰彦
月刊「企業と知的財産」 No.395 中国を中心としたアジア諸国での模倣品対策について掲載

企業と知的財産表紙
「企業と知的財産」 Vol.395
日本科学振興財団発行

 この度、日本科学振興財団発行「月刊・企業と知的財産 No.395」に当事務所所長佐藤辰彦のインタビュー記事が掲載されました。
 インタビューでは、アジア諸国における模倣品対策について、28年にわたり数多くのアジア各国で知財紛争事件に関与した佐藤の豊富な経験に基づいて、権利の重要性を説くだけでなく、権利取得や行使に際しての落とし穴をも指摘し、企業の特許担当者にとって価値ある回答を行っております。

 特に中国の知財状況については、佐藤の実体験のなかから具体例を交えて解りやすく説明し、誤訳問題等の翻訳の状況や日本人の甘さを鋭く指摘します。

 他にも本誌では、「知的財産シンポジウム2004」レポートや知的財産教育に関する興味ある記事が多数掲載されております。

参照資料

参考資料媒体