2015年6月10日

意匠の国際登録制度が2015年5月13日より利用可能になりました。

 意匠の国際登録制度(ハーグ協定)は、複数国における意匠登録手続の簡素化と経費節減を目的とした制度です。
 複数国への一括出願や最大100までの複数意匠の一括出願が可能になる等のメリットがあります。
 詳細につきましては、以下のリンク「意匠の国際登録制度の要点」をご覧ください。