2010年12月1日

マクタアメニティー株式会社と山形大学
農作物の画像から味を評価する技術を開発

 福島県の農家と契約し栽培計画から生産・流通までを一括管理できるシステムを開発するなど、農業ベンチャーであるマクタアメニティー株式会社は、山形大学大学院で分析化学専門の野田博行准教授と農作物の画像から味を評価できる技術を開発しました。

 この技術は、契約農家が所定の条件下で農作物を撮影し、その画像をもとに表面の色から3原色の比率を測定。うまみやコク・渋み等を判定することを可能としています。

 特にマクタアメニティーは、土壌の改良から有機農作物の生産に取り組んでおり、本システムによりこのような取り組みを客観的に評価することが可能となる。

 契約農家は判定結果を知り、評価の低い生産者においては生産手法の改善につながる。また、従来の成分分析方法と違い画像を撮影するだけなので農作物も傷めず、箱詰めされた多数の農産物も一度に判定することができ、従来の大掛かりなシステムの導入コストも含めると約100分の1にコストが抑えられるという。

 一方、マクタアメニティーと取引する首都圏の高級スーパーや百貨店は、入荷前に商品が選別出荷されのでより良質のものを店頭に並べることができ、双方にとってこの技術の効果は非常に高い。

 今後は、消費者が店頭で味を確認できるよう、データーベースを構築してインターネットで公開することも検討されており、山形大学は特産品のさくらんぼなど測定可能な対象品目の拡大と精度の向上を目指している。

マクタアメニティ株式会社

会社情報

会社名 マクタアメニティ株式会社
創業 明治中期
代表取締役 幕田 武広
住所 福島県伊達市梁川町舟生字高倉22
TEL 024-577-4301
FAX 024-577-6006