2010年8月1日

本多電機株式会社
「廃液処理装置」  特許出願から約2ヶ月で特許査定に

 創業明治4年、歴史ある本多電機株式会社は、昭和13年以来、アルカリ蓄電池の専門メーカーとして展開し、近年では、各種産業用蓄電池・非常用電源装置・充放電装置等を主要販売する総合的な電源システムを取り扱う会社です。

 この本多電機株式会社が発明した「廃液処理装置」。アルカリ蓄電池の製造の際に排出される廃液を処理することができる安価な廃液処理装置として発明され、特許出願から約2ヶ月という早さで特許査定となりました。

 特許出願後、早期審査制度を利用しており、特許査定までの間、特許庁から拒絶理由通知を受けていない点からみても、新規性と進歩性が認められ「廃液処理装置」の完成度の高さが伺えます。

 今後、益々の活躍が期待されます。

発明の名称:  廃液処理装置
特許番号  :  特許第4570690号

本多電機株式会社

会社情報

会社名 本多電機株式会社
創業 明治4年
創立 平成18年
代表取締役 近藤 泰彦
住所 〒141-0031 東京都品川区西五反田3-13-2光洋ビル5F
TEL 03-3492-6571
FAX 03-3492-6538