2010年8月1日

株式会社医研工業  代表取締役 中山 與吉 氏  社長 中山 慎一郎 氏
世界初の高さ自動上下枕 「 メカピロ® 」

株式会社医研工業について

 当事務所クライアントである株式会社医研工業は、約40年間、手術用縫合針・糸・鍼灸針の製造やその製造に伴う機械の研究開発を行ってきました。製造する製品はすべて自社工場による国産を貫き、神奈川県では「かながわ中小企業モデル工場」として認定されています。

 この株式会社医研工業の代表取締役 中山 與吉 氏 は、長年睡眠に悩まされてきたことが発端で枕に関する研究を始め、15年の歳月を費やし メカピロ® を完成させました。

 枕の内部には60点以上の部品が使用され、構造は特許9件の高精度の技術が用いられています。

 モニター調査を行い、80%のモニターの肩こりや首の痛み、いびきが改善されたと報告され、各媒体で大きく取り上げられました。

 2010年2月から発売。 一度 使えば良さがわかる メカピロ® を詳細にご紹介します。

メカピロの特徴

1.横向き・仰向き・うつ伏せの各姿勢に適して高さに自動的に上下する。
2.枕内部の空洞が吸排気ポンプとなっており、枕の温度や湿度を軽減する。
3.枕外周には、高品位低反発ウレタンを使用。
4.枕の内部に、仰向きの寝時の首下サポート機能が設けてある。
5.横向き寝では、枕が首元まで入る寝やすい枕形状。
6.高機能にかからわず、外観や重さは通常の枕とほぼ同じ。
7.適切な高さの枕は、イビキや首、形や腰の凝りや痛みを軽減するのに役立つ。

メカピロの仕組みと機能

 メカピロ®内部には昇降ユニットが入っており、2本のばねで上下動します。枕は、寝相によって圧力のかかる場所が変わり、その圧力の違いを利用して高さを変える仕組みです。

メカピロ(R)断面図
画像をクリックすると詳細にご覧いただけます。

 機械式とはいえ、寝心地が追求されています。枕の表面は高品位低反発ウレタンフォームと高反発ウレタンフォームの組み合わせで、枕カバーにはスパンデックス混紡布を使用。やらかな肌触りに仕上がっており、洗濯機で簡単に洗え利便性も兼ね備えています。

 枕内部のムレを防止するため空気を排出する空気穴と吸排ポンプ室が設けられ四季を通じ快眠が得られるよう考えられています。

株式会社医研工業が取得している知的財産権

医研工業が取得している枕に関する知的財産権

特許 9件
実用新案 1件
特許出願中 1件

特許権 9件

1 特許第3699472号
2 特許第4116059号
3 特許第4282741号
4 特許第4282742号
5 特許第4253718号
6 特許第4286902号
7 特許第4282747号
8 特許第4286907号
9 特許第4328879号

実用新案 1件

1 特許第2536042号

メカピロ掲載媒体

・ 相模経済新聞 平成22年2月1日
・ 工業技術新聞 平成22年2月20日
・ 日刊工業新聞 平成22年3月5日
・ 神奈川新聞   平成22年5月1日
・ 寝装リビングタイムス 平成22年6月1日
・ 月刊WizBiz  平成22年7月号
・ サンデー毎日 平成22年7月11日号

・ 2010年「テクニカルショウヨコハマ」 出展

会社情報

医研工業株式会社
会社名 株式会社医研工業
設立 昭和41年11月
代表取締役 中山 與吉
住所 〒 252-0155 神奈川県相模原市緑区鳥屋852
TEL 042-785-7711
FAX 042-785-7733
ホームページ master@frontier-lab.com