2009年2月1日

株式会社キンセイ産業
日刊工業新聞社発行 「環境問題に技術で挑むイノベーション企業 」 の本にて取り上げられる

 焼却装置などの専門メーカーであるキンセイ産業が、独自の技術で環境問題の解決に取り組んでいる中小企業として、表題の本に掲載されました。

内容

 キンセイ産業の技術の中核となっている「乾溜ガス化燃焼システム」。このシステムは、産業廃棄物を二段階燃焼させることで完全燃焼を可能にし、ダイオキシン類の発生を抑え廃棄物を無害化させることに成功した。
 この乾溜システムを開発後、不完全燃焼した際に生成する高濃度ダイオキシン類が社会問題となり、完全燃焼を可能にした「乾溜ガス化燃焼システム」を用いることで、エネルギー資源を有効活用でき、更には大気汚染の防止につながることも分かった。

 また、乾溜ガス化燃焼に必要な特許を軸に、30件を超える周辺特許も取得。特許化したことで技術は公開され、似たような製品は出たが、金子社長曰く 「 わが社の技術が認められている証 」 と述べ、事実、98年に日本産業機械工業会から優秀環境装置として、05・06年には日本商工会議所会頭賞として発明表彰されている(2006年5月 プレスリリースで詳細に掲載)。
 乾溜システムは産業界に広く認知されることとなった。

 他方では、アスベストを使用した建物が2020年から立替のピークとなり、これに先駆け、アスベストを無害化する装置も開発。
 将来を見据え、環境汚染・環境破壊の防止、研究開発に日々取り組んでいる。

参照資料媒体

  • 日刊工業新聞社発行「環境問題に技術で挑むイノベーション企業」

会社情報

キンセイ産業社章

会社名 株式会社キンセイ産業
設立 1967年
代表取締役 金子 正元
住所 〒 370 - 1203 群馬県高崎市矢中町788
TEL 027 (346) 2161
FAX 027 (346) 5476

全国発明表彰 受賞件数
第1表彰区分
恩賜発明賞
 「畠山一清賞」
1件


内閣総理大臣発明賞 1件
文部科学大臣発明賞 1件
産業経済大臣発明賞 1件
特許庁長官賞 1件
発明協会会長賞 1件
日本経済団体連合会
 会長発明賞
1件
日本商工会議所会頭
 発明賞
1件
日本弁理士会会長賞 1件
朝日新聞発明賞 1件
発明実施功績賞 9件
発明賞 12件
第2表彰区分
21世紀発明賞 1件
21世紀発明奨励賞 2件
21世紀発明貢献賞 3件
発明奨励功労賞 9件