2015年11月5日

谷沢製作所が、危機管理産業展2015に防災用ヘルメット
「Crubo(クルボ)」を出展し、フジテレビの取材を受けました!

東京ビッグサイトで開催された「危機管理産業展2015」(10月14日~16日)に、東京都が後押しし助成している、防災製品12点が初出展され、その中で谷沢製作所が出展した防災用ヘルメット「Crubo(クルボ)」が、特に目を引いたものとしてフジテレビの取材を受けました!

「Crubo(クルボ)」は、レバーを引いて軽く押すとヘルメットの上半分が反転し、半分のサイズとなり、コンパクトになるという特徴があります。A4サイズの箱に収まり、机の引き出し・本棚など、身近なところに置いておけるため、いざというとき、すぐ活用できます。

谷沢製作所は、日本で最初に産業用ヘルメットを製造・販売したメーカーであり、これまで工事現場用から、乗車用、機動隊用まで、さまざまなヘルメットを手がけてきた専門メーカーです。
谷沢製作所が防災用ヘルメットを作った理由について、樫本知史課長は「ヘルメットは、災害時に体で一番大切な頭を守る非常に有効な保護具。しかし、防災用ヘルメットとして備蓄しておくのに、一番の問題点は、『かさばるために邪魔になる』。そこで、コンパクトになる防災用ヘルメットを開発した。」と取材に対して語られました。

「Crubo(クルボ)」は、近日発売予定ですので、皆さんのお手もとにいかがでしょうか。

当所は谷沢製作所の特許・意匠・商標の取得をサポートしております。