2014年12月4日

当所顧問先「しらかわ五葉倶楽部」の農作物化工場が稼働開始しました!

当所顧問先の「しらかわ五葉倶楽部」(本社福島県白河市)は、植物工場を併設した食品工場「しらかわ・きずな農場」の稼働を2014年12月2日から開始しました!

植物工場はLED照明を用いた完全人口光型で、最大100t/年のほうれんそうの生産が可能です。
また、同工場に導入されているシステムは、「植物と語り合う環境制御」と言われるように、ほうれんそうの葉の近傍の温度や湿度、風量、葉に当たる光量子両などを計測して植物の状態を監視し、植物が快適な状態となるよう環境を制御するというものです。

植物工場で生産された野菜は、直結した食品加工場でムース加工され、病院や介護施設などに介護食として供給されます。

しらかわ発の地産地消の新しいビジネスモデルとして、これからの地域活性化の成功モデルになることを期待しています!