2014年9月1日

当所クライアント「TBSテレビ」が、ソーシャルテレビ・アワード2014デジタルマーケティング賞を受賞しました!

当所クライアントであるTBSテレビが、ソーシャルテレビ・アワード2014デジタルマーケティング賞を受賞しました!

ソーシャルテレビ・アワードとは、インターネットやソーシャルネットワーク(SNS)とテレビの融合に取り組んでいるテレビ番組を表彰する賞です。

今回TBSテレビが受賞したのは、「王様のブランチ」の無料アプリ「TBSぶぶたす」。
「TBSぶぶたす」には番組中で紹介された商品を直接ネットで購買できる機能があり、ユーザの実際の購買にも繋がり、番組後に人の流れを生み出すことに成功しています。
このアプリはすでに38万ダウンロードを達成したとのことです!(2014年8月時点)

このアプリはセカンドスクリーン用のアプリとして画期的なもので、番組を視聴中にアプリを立ち上げると、番組で紹介された書籍や映画などがタイムラインのように並び、バナーを押すと詳細なページにジャンプできる仕組みになっています。そして、購買した場合はその商品のECサイトに繋がり、その場で購入できます。

また、この仕組みによれば、CMと連動させてアプリ上でバナーを出すことや、視聴者が番組限定のプレゼントをゲットすることも可能になります。

このような、テレビとインターネットの詳細情報が連動して視聴者にリーチするという仕組みは、テレビ局の新しいビジネスモデルとして注目されています。
(特許取得済み)